アドセンス

妊娠後期の最近のブログ記事

妊娠8か月(28週~31週)

妊娠8か月(28~31週)

妊娠8か月になると妊娠後期になります。

ママ、パパになる心の準備をして、不安なくお産の日を

迎えられるように、マタニティ教室などで学んだ

ことをしっかり復讐しておくことが大切です。

 

この頃のママの様子

子宮はおへそとみぞおちの間くらいまであがり、

胎盤も赤ちゃんと一緒に成熟しています。

おなかがせり出して足元が見えにくくなったり

背中の痛みや腰痛が起こります。

またお腹が張りやすくなります。

下半身の静脈を圧迫するため、手足がむくんだり、

静脈瘤ができやすくなることもあります。

便秘や痔になることもあります。

 

 

この頃の赤ちゃんの様子

赤ちゃんの大きさは身長約43㎝、体重約1800g。

心臓や肺、腎臓などの内臓器官や脳などの中枢神経の機能が

充実し、聴覚がほぼ完成します。

骨髄の動きもほぼ完全になり、肺は誕生に備えて横隔膜を

上下させ呼吸に似た動きをしはじめます。

また、体が多きくなるため、多くの赤ちゃんは広い骨盤の中に

大きな頭やおしりを入れて縦向きになります。

 

注意すること

この時期になるとお腹の張りを頻繁に感じるようになります。

お腹が張るとはお腹が急にカチンと固くなる状態です。

お腹の状態の変化がわかるように普段からお腹を触る習慣を

つけておくとよいでしょう。

お腹の張りは主に子宮の収縮によって起こります。

心身のストレスや冷え、長時間の立ちっぱなしなどにより

起こることもあります。

安静にして治まるようであれば問題はありませんが、

数分おきに頻繁に起こる場合や痛みや出血を伴う場合には

切迫早産の可能性があるのですぐに病院を受診しましょう。

 

 

 

 

 

 

タグ

妊娠9か月(32~35週)

妊娠9か月(32~35週)

いよいよ妊娠生活もゴール目前です。

入院用のバックを用意して、必要なものを入れ、

いつでも入院できるよう準備をしておきましょう。

入院生活に必要なものは大きめのバックに入れ、

母子手帳や貴重品、入院書類は小さなバックやポーチにまとめておくと、

すぐに取り出せて便利です。

また、退院時に必要なものは別のバックにまとめておき、

ご家族の方に持ってきてもらえば荷物が少なくてすみます。

病院によっては病院側で色々準備をしてくれているものがありますので、

事前に確認をしたほうがいいでしょう。

入院準備品チェックリストを参考に余裕をもって準備をしておきましょう。

また、里帰り出産をする人は遅くとも32週~34週までにはすませましょう。

36週を過ぎるとお産がいつはじまってもおかしくない時期に入り、国内線の飛行機に

乗る際にも医師の診断書と本人の同意書が必要となります。

パパの運転で帰る場合は渋滞を避け、1時間おきに休憩を入れるなどして

無理のない移動を心がけましょう。

 

この頃のママの様子

子宮がみぞおちのあたりまで上がってくるので、

胃が押し上げられてつわりのような胃のムカムカを感じる

こともあります。

また心臓や肺が圧迫されて動悸や息切れがします。

膀胱も圧迫される為、頻尿や尿もれも起こります。

足への負担がいっそう強くなるので足のつけ根が痛んだり、

つったり、むくみやすくなったりします。

お腹が苦しかったり、足がだるかったりで寝苦しい日々が続く

ことがありますが、もう少しの辛抱です。

かわいい赤ちゃんとの対面がもうすぐです!

頑張って乗り越えましょう。

また、この頃になったら毎日赤ちゃんの元気度チェックを行います。

方法は赤ちゃんが10回動くのに何分かかるか測定をします。

午前中と、午後に1回ずつ、はじめて胎動を感じてから10回胎動を

感じるまでの時間を測ります。

赤ちゃんが10回動くのに20分以内であれば赤ちゃんが元気な証拠。

30分以上かかるようであれば病院に連絡しましょう。

ただし、赤ちゃんが眠っていることもありますので、一度30分以上

かかってももう一度やってみましょう。 

 

 

この頃の赤ちゃんの様子

赤ちゃんの大きさは身長約47㎝、体重約2500g。

皮下脂肪が増え、体つきがふっくらして外見的には

新生児と同じようになってきます。

肺の機能が完成し、胎児を保護する胎脂で全身を

覆われています。また、髪の毛が長くなり、爪は

指の先端まで伸びてきます。

 

注意すること

 

日常生活の中で、お産の時によく使う筋肉をほぐしておきましょう。

昔から臨月に入ったら床の拭き掃除をするように言われます。

あぐらや床の拭き掃除は股関節や骨盤の筋肉を柔軟にします。

しんどいですが、無理をしない程度に床の拭き掃除をして

安産に備えましょう。

また歩くことは足腰の筋肉を慣らします。

毎日30分くらいのお散歩を心がけることも良いでしょう。

ただし、くれぐれも無理は禁物。

できるだけ外出時は誰かに付き添ってもらうようにしましょう。

タグ

妊娠10か月(36~39週)

妊娠10か月(36~39週)

お産の時期は下記のように分かれており、

妊娠37週に入ると正期産と言って赤ちゃんがいつ生まれても

大丈夫な時期になります。

流産:22週未満

早産:22週0日~36週6日

正期産:37週0日~41週6日

過期産:42週0日以降

お産の兆候がはじまればすぐに病院へ連絡できるように、

常に病院の連絡先、タクシーの電話番号、母子手帳、診察券

などを持ち歩くようにしましょう。

 

この頃のママの様子

みぞおちまであった子宮がだんだん下へ下がってきます。

胃や心臓への圧迫が消え、すっきりとし、

動悸や息切れの症状も軽くなります。

子宮が下がった分、膀胱への圧迫が強くなって

頻繁に尿意をもよおすようになります。

破水、おしるし(出血)、前駆陣痛といった

お産が近づいている兆候があります。

 

この頃の赤ちゃんの様子

赤ちゃんの大きさは身長約50㎝、体重約3100g。

腎臓機能が成熟して水分がしっかりと処理されるようになり、

張のあるピンク色の肌になってきます。

全身を覆っていた胎脂が少なくなり、皮下脂肪が十分につき

ふっくらした体つきになります。

赤ちゃんはあごを胸につけ、ひざをお腹に引き寄せ、

生まれる瞬間を待っています。

 

注意すること

 

お産が近づくと赤ちゃんの頭が骨盤の中に下がってくるため、

胃への圧迫がなくなり食欲が増してきます。

ただしここで食べすぎると体重が急激に増えて体に負担がかかって

しまいます。

量を多く摂るのではなく、たんぱく質、ビタミン、鉄分などの必要な

栄養素をしっかりと摂れるような質の良い食事を心がけましょう。

外出先で陣痛が始まるなど、もしもの場合に備えて一人での外出は

避けましょう。

おしるし(出血)、陣痛、破水などお産が近づいたサインは見逃さずに、

すぐに病院へ連絡しましょう。

お産の経過については出産のところで詳しく説明しています。

 

タグ

このページの先頭へ